2020年03月07日

アイアイシクル

【niconico】


【mp3】

【wav】
・正規版(ニコ動、mp3と同じマスタリング)
https://drive.google.com/open?id=1Gg1sCas5YFk9nOmNuj-9sa4TFLC_cw8x
・未マスタリング(正確にはEQだけ処理済。自分で音圧を調整したい物好きな方用)
https://drive.google.com/open?id=12l_SOFcIBPQdfCsiBelS-EFmTTCyhT5v

【offvocal】未マスタリング
https://drive.google.com/open?id=1Sr1qV3JEAMhgWalnEEp5KV6cHhMWzn67

【BPM】
155

【歌詞】
青い鳥が誘う 白い空間の中へ
鈍る感覚の城塞 何時かの予言の日が来た

誰の持ち物でもない言葉を囀っていたら
覆い隠れた太陽は踊るのをやめてしまいました

変われないのは僕なのか 何も居ない街にひとり
終わりゆくのは僕なのか 見えなくて眼を閉じ 唄う―

アイを突き刺すアイシクル 誰も傷つきはしない
アイであらわす世界はアイロニーで満ちている

万里霧中の幻想に囚われた僕は虚構
そうと気づいているのは僕だけで善いのだ

濡れたアスファルトに照り返す存在証明
渇いた感情線が真面な思考を奪ってしまう

冷たい夢が降り注ぎ 鎖された視野の隙間に
寄せては返す波のように ひとつの値が決まる

真に答えのない問V 霧が覆い隠している
そうと気づいているのは僕だけで善いのだ

アイを突き刺すアイシクル 誰も傷つきはしない
アイで表す正解はアイロニーで満ちている

アイを探すよI.C.Q. 誰も構うことはない
アイがあらわす世界は僕の意思のことだ

【解説】
・NEUTRINOに衝撃を受けて作った曲です。歌モノ通算で36作目。
・存在感と掴み所のなさを両立する、不思議な感じのピコピコテクノポップです。
・音の種類が多いのでしっかり目にパートを割り振りましたが、曲展開のワンパターンさが否めません。今後の課題。
・きりたんは完全に無調声です。綺麗に生成できない音も多少あったのですが「AI好みの曲にする」というのも面白さの一つと思いメロディと歌詞の方を調整しています。(特にBメロはほぼ別の曲になりました)
・珍しく曲名後付けです。サビが思いのほかうまくハマったので歌詞から。アイとかいう同音多義語は好き。
・以上です。今回もよろしく。
続きを読む
posted by 霧四面体 at 22:22| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月02日

ギリースーツ

【ニコニコ動画】


【mp3】


【wav】
https://drive.google.com/open?id=1Quilfj2RRok-BwHaOZIIxkSLrxsHnCXu

【offvocal】
https://drive.google.com/open?id=13XxPhxRPt06gk_lnqswu836yj62gWaM0

【BPM】144

【歌詞】
影の中潜む息で背後の気配に気を配れ
攻撃対象は表面体だけ取り繕う迷彩服
INTERNET<この街>という危険地帯
自身の防御は抜かり<泥濘>なく
木を隠すなら森の中、人を隠すなら雑踏の中

想像しろ、敵兵は暗闇に紛れ境界線侵入して少しずつ迫る
手探りだとしても
木々の騒めきなどこんな喧噪には溶けてしまうから
目に見える物は何一つ当てに鳴りゃしないな!

目醒めた時代は僕にそぐわない
見出せない意味の中に一人<取り>残されても
来た道を見れば積み上がる世界、抑えきれないこの想い
サスペンデッド4を解け!

<嗚呼>

四方八方は敵ばかり
ギリギリの死<視>線を潜れ
攻撃対象は東西南北/津々浦々の迷彩服

有り触れた日常から枯れて落ちた葉<波>が集まっては
深層<真相>だけすり替えて纏う変幻自在ノイズ
僕らは今も曖昧な希望なら見える?
応答せよ、正体を露呈して終わるその日が来る前に

目醒めた時代が<初音>未来へ続けば
擬態の服は脱ぎ捨て一人残されても
行く先を見れば何もない世界!
迷うことなくこの手で掴み取る

真実

【解説】
・1作目テンサイルがある程度の評価を得たので調子に乗った北西れみ(名義)の2曲目です。
・サウンドは前作と同じくElectri6ityのギターサウンド主体です。ベースがシンセベースなのでテンサイルより打ち込み感が強い気がします。
・テンサイル共々、ニコ動のアカウントは複垢を使い、オフボ音源配布のためにピアプロのアカウントを取り、動画タイトルも現代風にしてガワだけは完全なる別人を装いつつ、曲には霧四面体が露呈しまくってます。名前でなく作風で見つけてほしい、という思いだったんですが、そもそも新人ボカロPと霧四面体は視聴者層が被っていなかった感がすごい。
・よって盛大に滑り、3マイリス中2マイリスが自分という非常に惨めな状態で年を越した霧四面体でした。今年もよろしくお願いいたします。(強引に締める)
続きを読む
posted by 霧四面体 at 00:03| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月01日

テンサイル

【ニコニコ動画】


【mp3】
・ニコ動版

・音圧控え目版

【wav】
・ニコ動版
https://drive.google.com/open?id=1BVql9w44pCW9m7qWGar60XKEoYH4YRLD
・音圧控え目版
https://drive.google.com/open?id=1dBu4jmkGkYMIDwkdEUykjFj4JPAjfcby

【offvocal】
https://drive.google.com/open?id=1awyKRz5gCOkeJmFKPTUYu1ZtYCA22jNO

【BPM】118

【歌詞】
欠陥だらけの格子点を篩い分けながら
冷めた塊だけを胸に残している
一般<ひと>の物差しで漸くここがスタートライン
理想郷度<強度>の天井目指して歩む人生<靭性>

気を抜けば千切れそうなテンション
狂い出すチューニング震えさせ
能なしのこんな僕にとっては
絶望の新たな時代が来る

皆がみな幸福<降伏>という名の平等と不平等の下で
途切れない音楽を弾いている<恥じている>

心臓に裂いた碧落の状態図
僕が絶対零度の神様だ
混濁した意識の狭間で確かなものは握り締めて居たい

析出で埋めるどう仕様もないクォンタイズ
想<重>い奇怪<機械>に両手を惹<引>かれ
フィラメントを焦がせ、失うものなどない
天衣<転位>無縫に還る<変える>

シールドを首に巻いたまま発熱させて
錆びついた脳を酸の雨で洗うように

有りもしない天秤が傾く
針の穴通すような道筋描いてもたどり着けなかった
混じり気ない新たな時代が来る

僕はまだ平凡という名の幸せと不幸せの中に
消えてしまう訳にはいかないのだろう

心臓に裂いた碧落の状態図
僕が絶対零度の神様だ
混濁した意識の狭間で確かなものは握り締めて居たい

旋律背反の逆巻く未来地図
たった一つの解、追い求め
かき鳴らせ才能
同時に僕の確かな決意

握り締めて居たい

【解説】
・新しい世界を目指した曲です。新人ボカロPになりきって初音ミク+バンドサウンドをやりました。
・エレキギターはElectri6ityです。これまでに比べ非常にリアル寄りの表現ができるようになった気がします。とはいえ、打ち込みだと思って聴くと多分めっちゃ打ち込みです。
・初音ミクのVOCALOID卒業が発表されるタイミングで初のVOCALOID初音ミクになりました。今後使うかどうかは…この曲の評価にかかっています。(現金)
・曲名テンサイルはtensile strength=引張強度から。歌詞には材料学の用語を散りばめ、テンサイルと天才と掛けていつもの駄洒落を用意しつつ、前向きな歌詞になっています。
・早いものでDTM11年目の2020年、この曲を新たな作風の一部に出来ればいいなと思います。よろしくお願いいたします。
続きを読む
posted by 霧四面体 at 20:54| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする