2021年09月09日

混迷オンストリート

【ニコニコ動画】


【mp3】


【配布物】
onvocal wav ニコニコ動画用(-8.5LUFS)
onvocal wav Youtube用(-14.1LUFS)
offvocal wav 未マスタリング
ccs サビのハモリ(Sh)はサビの部分だけ使ってください
ptcop
pdf 歌詞

【歌詞】
不安の行きかう交差点の真ん中で 街明かりに立ち尽くして
辺りは一面無味乾燥な空気 泉を探し求める

自分一人だけ迷い込む路地裏 行き止まりに咲く拒絶感
引き替え引き返してみて眩しく 不意に差し込むスポットライト
本当の気持ちは偽り 隠して視覚化 斯くして可視化し
仮面を被ってさあさあ踊りましょう

ここは全展望監視下社会 誰かの視線が気になり
何時からか「違う自分」に成れなくなって
思いやりと配慮で語るだけの文化を
薄っぺらい感動とは思わないらしいな

飽くまで清廉潔白であれ 安全で健全であれ
青い鳥の啼く言葉の掃き溜めに
胸の内に秘めた想いなどと云う罪を抱え込んで
生きて行く資格も死角もない混迷オンストリート

この街から逃げ出そうと云うのならばそんなに難しくはない
他人と同じ物事しか愛せない人々は出て行ったよ

ご時世柄 がら空きと見せ掛けた 沈黙 暗黙 貫く
孤独の裏側に見え隠れする 霧を切り開くフォッグライト
気付いていなけりゃそこまで そのまま生息域苦しくなる
空気を読んで窒息してればいいさ

かつては砂漠の砂漠化セカイ それも過ぎ去りし日々だ
時分で掴んだステージに返り咲いた 変貌する楽園
嫌なものは見なくていいなんて ブランドの安売りが過ぎる

まだまだ足りない 承認欲求!
才能や運命なんてもの 塗り変えるくらい描き込む手応えを
毎秒確かめていても尚覚える 消えてしまいたいような感覚
近くも遠くもない透明ハイド&シーク

喧騒を離れても 電脳の都市は眠らない
息をつく暇などないのです 迷い歩け

流行らない夢や冴えない現実をカフェインで醒ましてみたり
下らない理想や無用の信念を五線譜に綴ってみたり

死神の微笑みの意味 歩み寄る夜の帳とばかりに
兎にも角にも不可視の不可思議の どぎまぎ渦巻くコピーライト
同位体どう居たいどういたしまして どうしてそんなに可笑しい?
不気味の谷底からさあ歌いましょう

まあ所詮はシミュレーテッド・リアリティ
声ばかりか心まで再現を試みているのはどっちだ?
飽和したパターンのせい 有って無いような個性 パラメータによる調声
私が本物だ

生まれた時から自意識ハードモード 街に蔓延るは怪物
彼らでさえもまた 代えの利く部品でしかない
雑踏と分かり合いたいとは思わない 燻っていたって仕様がない
ちぐはぐな歯車がぐるぐる回って 知らない間に置いて行かないで未来

恋するロボットを相手に いいねの数字を奪い合う新世紀だ
衆人の価値観に沿った台詞以外 口から発せなくなってしまう前に

何倍速でも切り抜いてもいいから ここに居るって云わせてよ
閃光が巡り廻っては散る街で 生き急いでいるし死に急いでいるの
ただ最初から最後まで歌うしか能のない 混迷オンストリート


【解説】
○概要
・43作目です。ナンバリングは公開順です。(意味深)

○テーマ、曲名、歌詞
・CeVIO AI 可不をフィーチャーした曲です。Twitterであれだけネガキャンじみたことを言ってたのに完全敗北してませんか?
・曲名は可不で曲を作ろうと思い立ったときに思いつきました。「漢字カタカナ」の曲名はインスト含めても霧四面体史上初です。今思えば過去曲の歌詞にも「混迷」「ストリート」が登場するため語彙自体は手癖です。
・歌声合成なら休む暇なく歌い続けても疲れないよねという発想で作りました。「尺は3分半以上」「3番まで作る」「1〜3番で共通の歌詞を使わない」「全体的に早口のフレーズにする」などという「折角なので」を沢山詰め込んだ結果、歌詞の分量がとんでもないことになりました。
・歌詞のテーマは今持っている感情をひたすら文字に起こしたようなやつです。「現実と同化する現代インターネット」「ボカロ文化を取り巻く環境」「可不の生い立ちと性能」「霧四面体の逆張り気質」「この曲自体へのメタ的な言及」といった要素が入り乱れてカオス。

○曲想、サウンド
・常に歌ってる時点でどう足掻いてもおかしな曲になるのは確定だったので、オケもやりたい放題です。隙間恐怖症を全力で助長します。
・ピアノやアコギの音作り、転調のタイミングなど、かなり2020年〜の霧四面体の色が濃い気がします。昔の曲だと蜉蝣する点Pとかが面影あるかもです。

○歌、調声、加工
・調声はピッチとタイミングを結構弄ってます。意外と早口はあまり得意じゃないみたいで、速いフレーズではピッチが結構外れました。
・フォルマント変更はCubaseのVariAudioを使用。他の方が作った可不の曲を聴いても暗黙の了解的にフォルマント加工がされている運命にあるような気がします。でも曲の途中で変えるのは珍しいんじゃないでしょうか。

○動画
・可不の髪飾りを模した「枠」はPowerPointで描きました。霧四面体さん使用ソフトの癖が強すぎないですか?

○まとめと今後の予定
・死ぬかと思った。作詞で。1000文字超えたのは自身初です。二度とやりません。
・次はボカコレです。と書いて自分の退路を塞いでおきます。以上、よろしくお願いします。
posted by 霧四面体 at 20:21| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月18日

恋こがれて小宇宙!

【niconico】


【mp3】


【配布物】
onvocal wav マスタリング済(-8.5LUFS)
onvocal wav マキシマイザーオフ(-15.1LUFS)
offvocal wav 未マスタリング
svp synthVの調声ファイルです
ptcop

【歌詞】

語り尽くされたアイの歌声 ピアノロールに綴って
不意に始まる出会いみたいな?音楽じかけの物語

めぐる大宇宙の片隅の この場所 時代の
水面にたゆたう想いだけ 抱きしめているよ

恋 恋こがれて世界は歌い出す!明けない夜に灯りをともせ!
ねえ このままどこへ向かうの?答えを聴かせてあげる!

紙より脆いメモリを刻む 容易く醒める夢みたい
それでも踊る それでも廻る 言葉がきらめく舞台に

永遠などない 運命の悪戯なんでしょう
刹那に過ぎない このホシに立っているだけよね

声 声も枯れて短絡してしまいそうな シンセカイの到来を告げる!
たった 描くよ 2分と20秒 前を向いていたいのさ!

こんな現実は全部自分の方へ ネジを巻いて巻いてもっともっと歌え!
終わりと始まりが有るから ヒトは進んで行ける!

【解説】
・歌モノ42作目です。SynthVマキマキの発売日投稿を思い立ってしまったので1週間で作りました。
・手癖全開のポップな感じです。サウンドはピコピコ音以外はピアノとベースとドラムでシンプルにまとめました。マキの曲でギターを使わないのもどうかと思いましたが、ピアノも打弦楽器ということでひとつ。(?)
・歌詞は脳内空っぽなやつです。最近は無駄に頭を回したのが多かったのでたまにはこういうのも。曲名も歌詞から思いついて珍しく後付けです。
・SynthVはピアノロールが視覚的で分かりやすいので非常に使いやすく感じました。ただ出音は息成分が強く、こういう元気系はやや苦手な気もしました。(今回はパラメータでテンション+0.5、ブレス-0.5に設定してます)
・以上です。サクッと作ってしまったのであまり語ることがないのですが、その分サクッと聴ける曲になっていれば幸いです。よろしくお願いします。
posted by 霧四面体 at 20:00| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年02月22日

世渡り21センチ

【niconico】


【mp3】


【配布物】
onvocal wav マスタリング済(-8.5LUFS)
onvocal wav マキシマイザーオフ(-14.6LUFS)
offvocal wav 未マスタリング
ptcop
ccs
ust

【歌詞】

甘い夢は見終わったか?淡い情は飲み込んだか?

街を動かす画一化されたキカイの群れに紛れ往くには
キカイではないことが知れる度 何者なのか問われることになるさ

この世界は不条理さ いつの時代も
合わない寸法の歯車を組み付けて使い潰す

ストリートワイズな唄を歌えよ 誰かの為なら死ねるだろ
正論 極論 感情論 結果論のナイフで 口火を切ったって
廻っているのは自分なのにな 遠慮の二文字をご存じない?
弁ったのなら折り目正しく生きろよ

いついかなる時であれ 当然のルールは守れ 重大な約束事の信用と信頼だ
他人の気持ちを想像だ 報告連絡相談だ 無駄と不足で待たせないでね

どうか 見て見ぬ振りはここまでか
不必要な110デシベルで喚くのは センチメンタルな与太話

ミリもマイクロも理解りゃしないな その眼が見据えた未来像
空論 妄論 机上論 理想論の正義が 憂き世を照らす
イグザッジレイトな屁理屈でいい 後で悔やむことの無いように
早く存在感のある透明人間になれよ

絶対レールの上から逸れるな 先の見えない五里霧中を往く
キカイも人も レッテルぺたりと貼り付けられりゃ同じことなのだろうな

正常な判断をしような 今の瞬間も
要領良く通り過ぎる人々 踏みつけて立ち回れ

ストリートワイズな唄を歌えよ 誰かの為なら死ねるだろ
正論 極論 感情論 結果論のナイフで 区<CeVIO>切ったって
A4サイズが世を渡る技術 謙虚の二文字を聞き分けて
身の丈に合った仕合せを噛み締めろよ


【解説】
○概要
・歌モノ41作目。裏切りの2月投稿でした。

○曲名
・何となく降ってきた刃渡り→世渡りのアイデアから曲を作りました。何センチでも大した問題ではなかったのですが、2021年なので21にしました。
・ちなみに、刃渡り21センチの包丁はかなり大きい部類で、「牛刀」と呼ばれるやつです。(恒例の雑学コーナー)

○歌詞
・世の流行になった中二病に反発した結果、「弁えろ」という詞になりました。ただ、裏には「そんなのおかしい」という気持ちが含まれている以上、根底は同じなのかもしれません。
想でしょう花ほどではないものの言葉遊びが多めです。小ネタに気づけると楽しいかも。★答え合わせ:20個のうち18個入っています(うち1個はかなり苦しい、1個は動画のみに登場)

○サウンド
・バンドサウンド+オルガーニャ(洞窟物語)サウンドで自身の新旧の作風の融合を図りました。特に意識して洞窟物語の音作りをリスペクトしています。
・ギターは例によってElectri6ityです。ここのところ本物のエレキギターに挑戦したりしてますが、曲に使える水準まで行く前にこの音源に戻ってきてしまいます。

○歌
・今月発売のCeVIO AIきりたんです。基本的に無調声で、変なところの修正だけしました。あと曲全体に25:23の微スウィングが掛かってるので、それに合わせて子音のタイミングを調整してます。
・NEUTRINO(元祖AIきりたん)の氷柱残骸と比較してお楽しみください。デフォルトの声質はあまり差がないような気もします。
・コーラスはUTAUのきりたんです。何気に初めて使ったんですが、こっちはかなり声質が違いました。

○まとめ
・攻撃力高めの曲が作れたと思います。色々やろうとして結局取っ散らかった感じになってしまった感はあり。次はもっとテーマの一貫した曲を作りたいですね。
・昨年から新たな歌声合成の世界が幕を開け、今後の展開が非常に今後が楽しみです。追いかけられるだけ追いかけようと思っています。一方で従来通りUTAU曲も作る計画ですのでお楽しみに。以上よろしくです。
posted by 霧四面体 at 20:00| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする