2014年11月02日

機構都市は眠らない





「機構都市は眠らない」
音楽/詞:霧四面体
歌:雨鳥ユウイ(UTAU)

BPM:144

歌詞:

よぎる幻影 期待値制御 閉ざされた機械の檻
鈍い支配 絡むコード 手を触れれば動き出す

模型みたいな論理を纏う 仮想世界 歯車を廻す
眩むネオン 響くサイレンス 冴えた星空まで

撃ち込んだリアライズ 安楽死したリアリティ
すれ違う 意識も揺らぐアウトライン
フェアリーテイルが弾き出す答えも
受け入れられる程 救いは無い

増える幻影 基準値通り 仮定世界 歯車を廻す
白む都市 唄うサイエンス 行き過ぎた条理を

金網の中の霧はまだ晴れない
ヒトはこうも盲目 嘆くサーチライト
届かずに落ちて それでも願う声を
掻き消して痛むような“心臓”は無い

夢とユメの交わる刻 そう 奪い合うエデン
それも受け入れよう 君の理想を守りたくて
黎明の前に答えてよ ねえ 蒼いアルカディア
永遠に分からない 眠れない街

明けない夜が明けるまで 君のユメを未せて
悲鳴を上げる“i” 狂うほどに機械仕掛け
たとえ幾千幾億の鼓動を失くしてでも
綺跡は降り注ぎ 続いてゆく

この世界だろう?

----------

・幻影(かげ)
・心臓(こころ)
・刻(とき)
・未(み)せて
・i(あい)
・綺跡(きせき)

----------

・22作目。
・2014年秋M3で頒布された雨鳥ユウイのコンピレーションアルバム「地球征服計画 〜あめはせかいをすくう〜」に収録していただいた曲でした(過去形)
詳細はこちら→http://rainbowramune.site44.com/06.html
通販も予定されているそうです。
・シンセサウンド多めの変則的な曲です。音源はCubase付属とHALion5が中心。シンセの音作りは出来ないのでほぼプリセットです。
・ABサビABサビではなくABABサビサビな構成になりました。
・サビ前の英語音声はWindowsの音声合成機能で作りました。英語はノリなので間違ってても気にしちゃだめです。
・相変わらず意味不明な歌詞ですが、考えないヒトと考える機械の共生する世界とかそんな感じです。うわあ厨二。過去作との関係は皆様のご想像にお任せします。
・なかなかモチベーションが上がらず作るのに時間がかかったため、部分部分の繋がりが不自然になってしまった感があります。反省。
・以上でした。よろしくお願いします。
posted by 霧四面体 at 23:41| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月03日

発火詠唱

インストの新曲を公開しました。


・ボス戦BGMを想定した曲です。
・怪しい雰囲気の前半とストリングスのメロディが炸裂する後半の2パート×2の構成。
・最後はフェードアウトさせています。


ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm23921031

ニコニコモンズ
http://commons.nicovideo.jp/material/nc93631

TmBox
http://tmbox.net/pl/585951


posted by 霧四面体 at 22:53| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月17日

アオルタ

新曲を公開しました。




※ニコニコ動画のものと上のmp3は若干バージョン違いです。

--------

・作詞作曲編曲:霧四面体
・ボーカル:雨鳥ユウイ
・コーラス:重音テト
・BPM:132

----歌詞----
白日 いつかヒトは 朱い鼓動の記憶
空理 何処に問い掛けたら?

ねえ 今も脈打つ 世界 鉄の花が咲く
未来 唄い続ける 振り返る事も無いまま
僕ら―

描いた綺跡 約束しよう 不整合 微睡みの時は過ぎて
こんな世界じゃ伝わるもない Story 渇いた砂人形の夢

魔法弾は降り注ぐだけ 非定常 突き刺さる願いの雨
こんな世界も救えやしない Theory 言葉の海に沈む

眩い いつかヒトは 青い周波の記録
空虚 何処に問い掛けても―

ねえ 今も脈打つ 世界 鉄の花が咲く
未来 唄い続ける 停滞の輪廻 解いて

今 届けに行くよ ほら 予定調和な
結末は詰まらないだろう
響け生命の音 ―Aorta―

魔法弾は降り注ぐだけ 非線形 廻り来る想いの渦
失う世界 答えよりも Memory 未だ伝え切れなくて

描いた綺跡 約束しよう 不確実 動き出す時の中へ
そんな世界に立っていること Story 創られた永遠の夢を

--------

・5ヶ月半ぶりでした。いつも通り厨二病拗らせた似非理系なゲームサウンドポップです。
・UTAU愛鳥週間に参加させていただきました。久々に新音源開拓と言うことでユウイさん。最初はテトさんで作ろうとしてたのでコーラスに残ってます。
・アオルタ(aorta)とは解剖の用語で「大動脈」のことです。
・歌詞は「有機vs無機」的な雰囲気を目指してましたが最終的に支離滅裂にも程があるのでもう何でもいいです…大動脈全然関係ないじゃん
・サウンドはFM音源っぽいスラップベースに豪華なストリングスと低音削ったピアノを乗せてあとはピコピコ。HALion5が主力になってきましたがそれでもピスコラで打ち込んでます(頑固)
・改めて聴くとサビが物凄くエンジェルミニットなのでメロディにもっとバリエーションが欲しいところ。次への課題です。
・では。

posted by 霧四面体 at 23:06| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする