2013年06月09日

最適解の城









仮定された空虚で
灰になった摩天楼
可能世界を告げる
機関銃を向けて

血で汚した廃都に
無音の鐘が響く
尾を轢いたヘリオトロン
解析関数 ユトリ教育

虚数の歯車を軋らせて
今を紡ぎ出しているんだ
夢を刻み付ける知能に耐えて
僕はここにいる 僕はここにいる

渓に堕ちた約束
日当たりと風通し
何も変わらないよね?

「答えろ、」

その手に有り余る程の夢
いつか叶えられる気がした
誰もが望んだ結末を前に
僕は今ここで、箱庭を守る

君は逃げるんだ

虚数の歯車を軋らせて
今を紡ぎ出しているんだ
夢を刻み付ける知能に耐えて
僕はここにいる 僕はここにいる



singer:灯月アカリ
others:霧四面体


BPM:90



・14作目。UTAUオリジナル曲としては初めてDAW(Cubase)を使用しました。
・ピコピコサウンドの消滅は上記のため。代わりにピアノを打ち込みました。
・UTAU音源は灯月アカリさん。ほぼ2オクターブの音域を綺麗にUTAってくれました。
・歌詞は意味不明です。すみませんでした。虚数区の「僕」と「君」をひっくり返して考え…ても何もわからないです。


posted by 霧四面体 at 23:17| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

竜殺しの剣を携えて






詞&曲:霧四面体
ボーカル:翔歌トリ(tori)
BPM:152



≪歌詞≫

飛び込んだのは、紛れもない僕らが望んだ新天地。
走り出したのさ、だから立ち止まってる時間はないんだと。
切っ先重ねたのは、至極単純な理由だったんだ。
傷つけあう事で手にした勝利だったからなんだと。

必然だな、僕ら相殺って。
世界、正解かい?脆弱感情。
病的だな、そうさ運命は。
未来、夢を棄てて求め続く果ての果てを――

結局夢見てんだろ?怖くないなら立ち向かえ。
君は望んだちからの前に怯え立ち竦み逃げ出すだけだろ?
僕は立ち向かうさ!ドラゴンなんて怖くない!
そんな強がりを吐き続けるだけでした。


誰が夢かなえて、こんな化物造り出す?
穢れた欲望の仕業だと綺麗事を繰り返すだけなんだ。
何も信じられない。僕らもう何も信じない。
抗してドラゴンから逃げ続けるだけでした。

震える腕で剣を取って、立ち上がる僕ら、立ち向かう僕ら。
地熱に灼かれ、爪に裂かれて、それでも戦い続けなければならない。

最低だな、きっといつだって。
それで限界かい?過大評価、誇大妄想。
渺漠だよ!僕ら災難だ。
そうさ、君は誰の為に何を求めるんだ?

僕ら戦うんだ!剣を持って立ち向かえ!
大きなちからの隙間目掛けて、切り裂け!突き刺せ!剥がせ!叩き割れ!
僕ら立ち向かうさ!ドラゴンなんか怖くない!
夢は自分で追い求めてみせるから!

正解などいらない!解答は正しくなんかない!
誰も知りえない物語を造り出す事が僕らの役目だ!
僕は立ち向かうさ!ドラゴンなんて怖くない!
夢にぶつかって砕けるまで戦うんだ!


…僕ら夢かなえて、またもう一度繰り返すだろうか?
君が望んだちからの前に怯え立ち竦み逃げ出すだけなら、
僕は立ち向かうか?ドラゴンは再び息するか?
いつか探した答えならばここに在る。

誰も望まないような、あやまちを繰り返すだけだ。
僕ら気づかない。こんな嘘に操られるだけ、操られるだけ。
だから僕ら相殺って、裏切りの中に身を置いて、自分の事も嫌い続け、

――生きて行くんだ。





≪解説≫
・13作目。
・自作曲で一番ぴこぴこゲーム感が出てると思います。
・容赦なく連打されるバスドラムをお楽しみください。ヘビメタとかではないですけどね
・とにかくsus4を使ってみたかったって感じで。アホみたいに転調しますが仕様です。
・息継ぎ出来ませんが仕様です。
・歌詞は気合入れてました。内容はよく分かりませんが最高に厨二な詞ですね…
・色々と不安定なので作り直したい一曲でもあります。以上です。


posted by 霧四面体 at 22:21| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

虚数区

【ニコニコ動画】


【mp3】
・ver1.5(2011年)

・ver2.0(2017年)


【offvocal音源】
準備中

【歌詞】
僕は 何処に いるのですか?
君は 其処に いるのですか?

ちぐはぐな世界を繋ぎ止めてる あやふやな理解を押し通してる
白黒な視界を塗り直してる 狡猾な理想を盾にしながら
曖昧な定理を繋ぎ止めてる うやむやな矛盾を押し通してる
カラフルな心を塗り直してる 狡猾な理想を盾にして行こう

そして街は未来へと辿り着く
正しいのかは誰にも分からないような未来へと
僕はそれを拒み続ける
正しいのかは誰にも分からないけれど拒むんだ

次の世代への架け橋に君はなれるの?
机上の空論で出来ている君が?
街はあまりに明るすぎた
いつも同じ面(かお) 虚数区突き抜く計画は崩れた

僕は 何処に いるのですか?
君は 其処に いるのですか?

それは深淵に眠るエメラルド 無味無臭で残酷な灰塗れ
相対的な評価に埋もれて 探し当てた星屑が駆け落ちる
大切なもの積み上げた箱庭 数え切れない理論プログラムを
悲しみの先に壊したくなるの 悲しみの先に壊したくなるの

そして街は未来へと辿り着く
正しいのかは誰にも分からないような未来へと
僕はそれを拒み続ける
正しいのかは誰にも分からないけれど拒むんだ

次の世代への架け橋に君はなれるの?
机上の空論で出来ている君が?
街はあまりに明るすぎた
いつも同じ面 虚数区突き抜く計画は崩れた

そしてこれは終わらない物語
未知の彼方に君の求めてるモノは在るのかな
これは終わらない物語
未知の彼方に君の求めてるモノは在るはず無い


posted by 霧四面体 at 22:52| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする