2013年12月30日

白の終章

新曲を公開しましたー。




白の終章

唄:灯月アカリ
曲:霧四面体

BPM=100

雪うさぎ 何処へゆく? 星と月の薄明かりの
白の彼方で声を聞いたの 遠い幻想の様な

ユメは降り注ぐ 時は凍りつく
そういう意思だ そう決めたんだ
ほら見てみろよ 世紀末の夜だ
其処に真実など在りはしないよ

悲しみは解けてく 追憶の光もはじけて
氷の底に閉ざされたみたい これはその黙示録

価値あるものは 絶えず移りゆく
琥珀の空も 翡翠の海も
たいせつ なんて 云えやしなくて
そして何度でも 意味を失え

針なし時計の廻る世界で
傷だらけの正しさ抱えて 永遠を彷徨うばかり

雪うさぎ 何処へゆく? 星と月の薄明かりの
白の彼方で声を聞いたの 遠い幻想の様な

描けディストピア 時の境界線
聴かせてくれよ 祈りの唄を
結末を拒み 繰り返すよりも
伝う涙で灯をともせばいい


※世紀末=おわり
※結末=おわり




・20作目です。一応テンポ遅めの曲が作れました。
・冬をイメージした曲は何気に初めてです。終末は永遠の厨二テーマだと思います。
・Bメロがないので尺が伸びませんでした。そして何この絶賛カノン進行のAメロ。
・特に何も考えずメロディを作ったら音域がD#3〜F#5と2オクターブ超えました。なにこれ
・音の引き出しのなさが気になってきたので何か新しい音源を導入したいところ。考えてみます。
・いろいろと解説になってませんがよろしくお願いします。
posted by 霧四面体 at 13:52| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月26日

エーテルの理想郷

新曲を公開しました。



詞/曲:霧四面体
ボーカル:tori(翔歌トリ)
BPM=172

≪歌詞≫
世界秩序の鳥籠 失楽のエンティティ
想像はつくだろうか ヒトは街と呼んだ

遮られた感情に 駆動するエンパシー
辻褄を合わせようと 物語が生まれた

そう、これまでの事 これからの事
世界を受け入れる事

綺麗事で分かり合えるくらい
エーテルで満ちている

唄おう 例えば
独り善がりなユートピア 風に乗せて
譲れない夢探す度 迷いの森の中
それでも今は

コロナグラフに翳した 渇望するジェネシス
砂時計に呑まれた真実を奪い返せ

過去のシガラミを振り解くから
世界を解き放つから

相容れない理想がせめぎ合う
この瓶詰め宇宙へと

儚い奇跡の街は 胡蝶が舞うように狂い始めて
解けない魔法が 僕らをゆらりと包んだ

唄おう まだ答えは見つからなくていいよ
空は果てなく
叶えたい夢探す 旅の始まりの場所に
また帰り着いたみたいだ



≪解説など≫
・19作目です。トリ誕おめでとう!
・純粋に「創作」を歌った唄、です。中二病治りません。過去曲と同じ言葉を使ってたりしますが語彙が足りないだけです()
・「エーテル」は化学物質ではなく光を伝達する架空の物質の方です。「天空」って意味もあるとか。
・ドコドコはメタルの特権ではないし、折角ピアノ打ち込むなら物理的にあり得ない動きさせた方が面白いと思いました。いろいろと喧嘩売ってますがまあこんなもんでしょう(何が)
・トリちゃんはいつもの連続音5版をメインに連続音6版のコーラス。連続音もう配布しないのかな…
・時間がなかったためかなり音が荒っぽいです。そのうちMIXをやり直そうと思ってます。


posted by 霧四面体 at 22:07| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月23日

地球工学

新曲を公開しました。







歌:重音テト
他:霧四面体
BPM:168



【歌詞】

プログレス
開いては閉じる歴史を 革えられると信じて

そう 築かれた街と共に
幾つもの栄光を語り継ごう

手繰り寄せた未来 加速度に
この空さえ擦り切れるくらい
上りつめた奇跡の序論を叫ぶ

まだ分かっちゃいないよ
組み上がる不確実な真実のため
この正解無い世界に 僕らは何を望む?

プログラム
繁えては滅ぶ歴史を 革えられると信じて

あぁ みんな口先ばかりだ
それなら僕は化石の火に縋る?

ほら支えて そっと
手のひらに触れる世界 いびつな重さ
持続可能の盾を 奪い合っているんだろう

もう遠くない いつか
ガラスの惑星は震えて 牙を剥くんだ
本当は誰かを守りたくて

傷を受けた過去は 意思を問う方程式
最適解を探す

この証明無い正解に 僕らは何を―

―いや 分かっているのに
手を差し伸べることさえ 躊躇うばかり

こんな狭い世界で 僕ら まだ夢を見ている



※当て字
革(か)えられる
繁(さか)えては
惑星(ほし)は
最適解(こたえ)を


【解説】
・UTAUオリジナル18作目。間が開いてすみません…
・アニソン系のサウンドを目指しました。要所要所に遷移音を使ったんですが、ピスコラーとしてはあまりこういうのに頼りたくないところ。
・歌詞はひたすら皮肉です。少しボカロPのshrさんをリスペクトしました。
・Futopica(希望)→机上都市(絶望)→新天地(希望)→竜殺し(絶望)→古代都市(希望)→これ(絶望)という流れです(今決めた)。そろそろこの路線脱出したい
・動画の方ではMMDにちょっとだけ触れてみました。動かしてPV的な何かにする技術とセンスはないので静止画ですが…

posted by 霧四面体 at 22:09| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする