2020年12月11日

リリースカット現世

【niconico】


【mp3】


【配布物】
onvocal wav マスタリング済(-8.5LUFS)
onvocal wav マキシマイザーオフ(-14.3LUFS)
offvocal wav 未マスタリング
ptcop
vsqx

【歌詞】
生きたい訳でも死にたい訳でもない なんて云うなよ

運命は同様に確からしくない 努力も才能も嘲笑う
深夜の課題は自己肯定感 論理と心情がごちゃ混ぜだ

居場所も所詮は夜の音 有るはずの無い真実さえ
知ったつもりの勝手な絶望で 眠れないのもただ現実だ

修復不可能な自分自身を 騙して孤独じゃ居られないのだ
表面張力でギリギリ保っている 僕は誰だ

過去 未来 今 どれを変えればいい
ヨン サン ロク 答えは摩天楼

大事な決断を他人に委ね 態々不幸に為りたいのか
若しくは幸せに為れるのか 抑々判りはしないのだ

想い合いなど意味が無い それで満たされる程
正常に動く心臓を 僕は持ち合わせて居ないのだ

調整不可能な輝度哀楽さ "正しいのかは誰にも分からない"
そんな言葉でも世界を救ってきた とでも云うのか

問う 罪 難 僕 何処へ向かうのだ
白黒つけたい 悲しき時代だ

曖昧な存在理由 消えろと云うのであれば ある意味単純なことなのに
寝ても覚めてもまだ現実の 飢えも渇きも止まない詩だ

再生不可能なリズム世迷え 思考と感情がバラバラのまま
表現しようなんて倨傲もいい所だ だから独り

推定不可能なこの先のこと 地の果ての果てまで続く迷宮
生きたい訳でも死にたい訳でもない 僕は何だ

意味 価値 理由 どれもが埋まらない 夜に
嘘でもいいから謳え N.T.(嘆きの帳)

【解説】
○概要
・ボカロ系40作目に到達しました。約1年ぶり3作目の初音ミクです。

○曲想
・リリースカットピアノを使った現代風の曲を作ろうと思い、こんな曲名が出てきました。
・俗に言う夜好性(の曲というよりはそのコンポーザーの曲)をリスペクトしています。倣ってかなり過剰な音の詰め込み方をしています。この過剰性こそが現代の寂しさを埋めるサウンド。知らんけど。

○歌詞
・病みたかったんですが上手く病めなかった。テーマが取っ散らかるのを気にせずとにかく言いたいことを言ってます。いつもより平易で直接的な表現が多めです。

○初音ミク
・隠しても仕方ない(ptcop覗くと分かる)ので白状しますが、初音ミクはV4Xが9割です。NTでも一通り歌わせてみましたが、ベタ打ちでは「最低限」がクリアできないので今回はハモリ以外の使用は断念。一応、パラメータを弄った時の変化がV4XやUTAUよりはっきりしている気はしました。本当にガッツリ調声する人向けという印象です。

○ボカコレ
・タイミングがちょうど良かったので参加してみました。間違いなく史上最大のボカロ系投稿祭。その中からこの曲を見つけてくださった方は本当にありがとうございます。

○まとめ
・2020年は比較的たくさん作った気がします。次はまた新しいことに挑戦したいと思うので少し時間いただきます。具体的には4〜5月が目標です。よろしくお願いします。

posted by 霧四面体 at 19:00| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: