2020年03月07日

アイアイシクル

【niconico】


【mp3】

【wav】
・正規版(ニコ動、mp3と同じマスタリング)
https://drive.google.com/open?id=1Gg1sCas5YFk9nOmNuj-9sa4TFLC_cw8x
・未マスタリング(正確にはEQだけ処理済。自分で音圧を調整したい物好きな方用)
https://drive.google.com/open?id=12l_SOFcIBPQdfCsiBelS-EFmTTCyhT5v

【offvocal】未マスタリング
https://drive.google.com/open?id=1Sr1qV3JEAMhgWalnEEp5KV6cHhMWzn67

【BPM】
155

【歌詞】
青い鳥が誘う 白い空間の中へ
鈍る感覚の城塞 何時かの予言の日が来た

誰の持ち物でもない言葉を囀っていたら
覆い隠れた太陽は踊るのをやめてしまいました

変われないのは僕なのか 何も居ない街にひとり
終わりゆくのは僕なのか 見えなくて眼を閉じ 唄う―

アイを突き刺すアイシクル 誰も傷つきはしない
アイであらわす世界はアイロニーで満ちている

万里霧中の幻想に囚われた僕は虚構
そうと気づいているのは僕だけで善いのだ

濡れたアスファルトに照り返す存在証明
渇いた感情線が真面な思考を奪ってしまう

冷たい夢が降り注ぎ 鎖された視野の隙間に
寄せては返す波のように ひとつの値が決まる

真に答えのない問V 霧が覆い隠している
そうと気づいているのは僕だけで善いのだ

アイを突き刺すアイシクル 誰も傷つきはしない
アイで表す正解はアイロニーで満ちている

アイを探すよI.C.Q. 誰も構うことはない
アイがあらわす世界は僕の意思のことだ

【解説】
・NEUTRINOに衝撃を受けて作った曲です。歌モノ通算で36作目。
・存在感と掴み所のなさを両立する、不思議な感じのピコピコテクノポップです。
・音の種類が多いのでしっかり目にパートを割り振りましたが、曲展開のワンパターンさが否めません。今後の課題。
・きりたんは完全に無調声です。綺麗に生成できない音も多少あったのですが「AI好みの曲にする」というのも面白さの一つと思いメロディと歌詞の方を調整しています。(特にBメロはほぼ別の曲になりました)
・珍しく曲名後付けです。サビが思いのほかうまくハマったので歌詞から。アイとかいう同音多義語は好き。
・以上です。今回もよろしく。


【コード進行】
・最初の調:C#メジャー
・Aメロ 1小節ごと
Ym Ym(orU/Y) W X (×2)
・間奏 2小節ごと
Ym W X T(/V) (×2)
・Aメロ 1小節ごと
Ym Ym(orU/Y) W X (×2)
・Bメロ 1小節ごと
W X Ym Ym (×4)
・サビ 2拍ごと
W X Vm Ym Um X U# V
W X Vm Ym Um X T(sus4) T (×2)
・間奏 2小節ごと
Ym W X T(/V) (×2)
・Aメロ 1小節ごと
Ym Ym(orU/Y) W X (×2)
・Bメロ 1小節ごと
W X Ym Ym (×4)
・落ちサビ→サビ 2拍ごと
W X Vm Ym Um X U# V
W X Vm Ym Um X T(sus4) T (×2)
・転調:+1半音 Dメジャー
・ラスサビ→アウトロ 2拍ごと
W X Vm Ym Um X U# V
W X Vm Ym Um X T(sus4) T (×3)
・最後
わからん


posted by 霧四面体 at 22:22| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: