2013年01月17日

机上都市






≪情報≫
作詞作編曲:霧四面体
ボーカル:揺歌サユ
BPM:120



≪歌詞≫

ねむたくて ねむたくて ねむるぼく
つまらない せつめいが ゆめのなか ひきおとす
つめたくて あたたかい かんしょくが
えがくまち ゆめのまち ゆめのせかい ゆめとみらい

ノートの上の 紙の香りが
時ゆるやかに 堕ちてゆく青さ
透明 まばゆい 水色 はかない
そんな街並み 星がきらめく

醒めないでこの夢が 新しいモノの見方となる
退屈な授業から 掛け離れた未来都市
だから継続いて 切断れないでね
机の上に見る夢に 僕は奇跡の街を見た

そらいろの まぼろしの みちのりの
いつわりの れいめいの きりさめの むらさめの
ゆめみるの ゆめみたの ゆめみたよ
うたおうよ ぼくらだけ ぼくたちの みらいうた

ノートの上の 僕の全てが
時ゆるやかに 溢れ出す青さ
雨降り 静かな 快晴 綺麗な
そんな街並み めぐる理想郷

醒めてしまうこの夢の 空しい虚しい運命と
机の上の儚さに 僕は涙で眼を開けた

全てのモノが嘘ならば 全てを愛し生きてゆく
リアルはそれを許さない リアルはそれを赦さない


≪解説≫
・ピコピコキラキラチップチューンテクノポップ。いろんな音を使いました。
・まだまだ音も歌詞も拙い頃の作品ですが、UTAUオリジナル曲としてはひとつの節目となった曲です。それなりに気に入っています。
・この曲を作っている時に歌モノにはAメロ、Bメロ、サビという構成があることを初めて知ったような気がします。囚われすぎない程度に従いました。
・低音サユさん。当時音域は全く意識していなかったので上手くはまったのは偶然です。
・「机の上」「授業」「睡眠時の夢」という現実と「机上の空論」「理想」「将来の夢」といった空想がごちゃごちゃに絡まる、そんな世界観の曲です。
・つまり何が言いたいかというと勉強したくないです。
・長い間リメイク候補ですがなかなか上手くいきません。あとサユさん全然使ってないのでまたオリジナル曲作りたいです。
・そんなこんなの曲ですが、たくさんのご視聴本当にありがとうございます。


≪その他≫
揺歌サユの中の人、りくさんに歌っていただきました。ありがとうございます。



posted by 霧四面体 at 23:54| Comment(0) | 自作曲 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: